LOG IN

アルマイトをするために、アルミボルトをジグにラッキングして処理します。

by Kazutomo Ohashi

アルマイトは不動態化皮膜を生成するため、処理中は通電を確保する必要があります。

そのため、1つ1つ治具に取り付けて作業をする必要があるのです。

どんなに数の多い製品でも、このような作業が必要となります。

中には、袋状の治具に入れてギュッと固定して作業をする場合もありますが、このアルミボルトは通電箇所が取り決められていて、頭部の六角穴のみとなっているため、取り付けて作業をします。

取り付けている作業を、Youtubeにアップしましたので、ご紹介しますね〜


小さな製品、大きな製品でも、同じ作業が必要となるのです。


豊橋&豊川で、めっき・表面処理のご相談は、小池テクノまで

お急ぎの方は、TEL:0532-45-4025まで


Kazutomo Ohashi
OTHER SNAPS