LOG IN

アルミのサンドブラスト加工を!京都から豊橋へ

by Kazutomo Ohashi

アルミ材質A2017で切削加工された製品を、つや消しのアルマイト黒にしたい!!と京都のお客様から3年ほど前に受注した製品。

アルミ材質A2017は、化学薬品でつや消し処理ができない材質のため、小池テクノではサンドブラストを用いてつや消し処理を行い、アルマイトを施しています。

またA2017は、アルミ加工屋さんに聞くと自動旋盤で加工しやすい材質であるため量産向きで切削できるらしく、切削加工的にも嬉しい材質らしいのです。

が・・・アルマイトする材質としては、結構難題の多い材質なのですが、弊社では20年前より自動車・オートバイ関連のアルマイトを行なっておりA2017は強度的によく使われる材質のため、得意とする材質だったのです。

そういうこともあり、話はどんどん進み試作を行うことに!!

が・・・数が1回の発注で4000個ほど来るのでサンドブラストを手打ちで下の動画のようにやるわけにはいきません(><)

弊社が小物が得意と言い切るわけは、ここにも!!

サンドブラストも小物が得意なんです。

4000個の小物を約20分ほどでサンドブラストを施す設備になっています。どんな風にするかというと・・
下の動画を参考に!!

小物をできる限り効率よく生産することにより、コストを抑えた生産ができるので、お客様にも満足していただきつつ、会社として利益確保もできるメリットがあるのです。

しかも、自動で20分経過すると停止し、作業完了するので作業する担当者の手離れも良いので仕事をする上でも省人化になっています。

豊橋&豊川でめっき・表面処理なら!小池テクノまで

お電話でのお問い合わせは、TEL:0532-45-4025 まで!



Kazutomo Ohashi
OTHER SNAPS