LOG IN

アルミニウムの表面を溶解させて綺麗な表面を作る!

by Kazutomo Ohashi

アルマイト工程の中の一部の工程ですが、結構な重要なポイントとなる工程。

表面に付着している油を除去後に、「エッチング」という工程で、アルミニウムの表面を溶かします。

切削加工されて寸法がキッチリと切削加工屋さんで作成された製品を溶かしちゃうなんて!!と思うかもしれませんが溶かさないと、食い込んだ汚れを除去できないのです。

溶かす量を管理して、1/100mmを溶かしていきます。

溶かしている動画は↓↓↓


この工程は、製品素材のアルミニウムを溶かし過ぎないようにスル事がポイントとなります。溶かし過ぎると製品の寸法が変わってしまい製品として使用できなくなる可能性もあります。

また、溶かした後に水で洗うのですが、それまでの移動時間が長くなると空中でも化学反応が起こって溶けているので素早く移動させて水で洗う必要があるんです。

こういう細かな作業の積み重ねで、アルマイト工程が組み立てられており、その工程すべてを行うことにより綺麗かつ、寸法通りの製品が出来上がるんです。


豊橋&豊川で、めっき・表面処理のご相談は、小池テクノまで

お急ぎの方は、TEL:0532-45-4025


Kazutomo Ohashi
OTHER SNAPS